コミュニケーションツールが支える医療介護者の連携

多職種連携とは

地域包括ケアシステムとは

 厚生労働省は2025年を目途に、高齢者や認知症の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制の構築を推進しており、この体制を地域包括ケアシステムと呼びます。

 地域包括ケアシステムにおいては、市町村が中心となって地域の医師会などと密に連携しながら、多職種連携の構築を図っています。

多職種連携とは

 地域における医療介護関係機関が連携して、包括的かつ継続的な在宅医療介護を、患者またはその家族に提供できることが厚生労働省で推進されています。このように医療介護関係機関が連携することを多職種連携と呼びます。

メディカルケアステーション(MCS)とは

 メディカルケアステーション(MCS)は完全非公開型 医療介護専用SNSです。病院、クリニック、薬局、介護施設などで働く医療介護者の多職種連携や患者・家族とのコミュニケーションツールとして、全国200以上の医師会をはじめ全国の医療介護の現場でご利用いただいています。

keyboard_arrow_up

完全非公開型 医療介護専用SNS